最高品質のルイボスティー「エルバランシア」口コミレビュー。愛飲歴6年の私が初めて知った正しい淹れ方とは?

更新日:

家ではルイボスティーを飲んでいます。

かれこれ6年になりますが、最近飲んだエルバランシアのルイボスティーはかなり満足度高かったのでご紹介してみたいと思います。

高品質の安心のルイボスティーはこちら

ルイボスティーを選んでいた理由

常に作りおきをして飲むようになったのはこの6年。

夫がカフェインが苦手で、私が麦茶が苦手だったので「じゃあ、、ルイボスティーにする?」となんとなく選んだだけ。

カフェインレスで抗酸化作用があるらしい(=体になんとなくいいらしい)ということしか知りませんでした。

特に美味しいとも思ったことがなく、「まあ、こんなもんかな」と思う程度。

「好きでもなく、嫌いでもないけれど、やめようと思わないということは、なんとなく体に合っているのかな?」というかんじでした。

iherbで何種類か試して、気に入った1つのメーカーを購入するのが定番となっていました。

高品質ルイボスティー専門があるというのは知っていたのですが、いわゆるフレーバーティーのようなものかと思っていたのです。

でも、エルバランシアのルイボスティーは、その品質に特徴があったのです。

エルバランシアのルイボスティーの特徴

オーガニック&スーパーグレード

エルバランシアのルイボスティーはオーガニックのスーパーグレードという、全生産量のなかで1%しかない最高級のお茶の葉を使用しているそうです。

エルバランシアのルイボスティー

ルイボスティーのグレードって大事なんですね。。

上になるほど、有効成分の含有量が多くなっているらしいのです。

自分の購入していたiherbのルイボスティー(価格は約450gで1600円ちょい)を見てみたのですが、一応「オーガニック」ですが、グレードまでは書いていませんでした。

抗酸化力

ルイボスティーの有効成分といえば、老化の原因になる活性酸素を防ぐ抗酸化力でしすが、なんと緑茶の50倍ほどもあるのだそうです。

1回あたりの量が多い

エルバランシアのルイボステイーはは個別にティーバッグ包装されていて、1パックに5g入っているのです。

箱を開けてみると、しっかり密封されています。

ルイボスティー 箱の中身

1箱に35包入っています。

ルイボスティー箱の中身

引っ張り出すと、個包装が繋がった状態で出てきました。

ルイボスティー

これをやかんに入れて15分以上煮出します。

成分を有効にとるには、しっかり煮出すのがポイント!

ここで初めて知ったのですが、ルイボスティーの成分って、熱湯で弱火で煮出すことが大事なのだそうですよ!

ルイボスティーの資料

ルイボスティーの成分がお湯の中に流れ出し、お湯の沸点が108℃まで上がるのだそうです。

108℃まで上がると、吸収されやすい成分が抽出されるのだそうです。。

一番いいのは、20分くらい煮出したあとに、茶葉を入れたまま冷やすこと。

これが一番効率良く栄養が抽出できるようです。

こうやって作られたルイボスティーは、今まで飲んでいたものよりも、かなりしっかりした味や色です。

ルイボスティー、6年飲んでて初めて「美味しい」と思いました。

高品質の安心のルイボスティーはこちら

安全・安心が必要な人にはエルバランシア

実は・・今まで飲んでいたもののお茶の葉の量を増やして15分煮出して飲見比べてみました。

でも、さすがにそこまで煮詰めると若干の雑味が出てきました。。

100均一のティーバッグを使っていたりするので、15分煮出すとそのあたりからも雑味がでるのかな?と。

海外のメーカーのサイトですし、生産状況なども詳しい情報がないので、いろいろと気にしだすと気になるところはあるんですよね。

というわけで・・

妊活や産後の授乳期などで、安心・安全な飲み物を探している方には、エルバランシアをお勧めしたいと思いました。

【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシア

話題の飲み物ルイボスティー、妊活、アンチエイジングなど、女性にとってはどの世代にも魅力的な効果がたくさん。

これからもっと広まってきそうですね。

その際、選び方で大事なのは、葉っぱのグレードなんですね。

あと、いいグレードのものを選んでも、正しい抽出方法で飲まないともったいないということも今回知りました。

今後も、その点に注意しながら楽しみたいと思います。

↓詳細はこちら↓

高品質の安心のルイボスティーはこちら



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-未分類

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.