サイト内検索

化粧水 美容液 スキンケア クリーム

DHCのPQQアップシリーズを2週間使ってみた感想・口コミレビュー

投稿日:2016年11月29日 更新日:

先日、DHCの新作発表会に行ってきたというレポートをしましたが、帰りにお土産にいただいたPQQアップシリーズ、早速2週間ほど使ってみました!

PQQアップリシーズ

PQQシリーズの最大の特徴は、すべてのアイテムにピロロキノン(PQQ)という抗酸化物質抗糖化物質が配合されていることです。

お肌って酸化だけじゃなく、糖化もしていたんですね。。

酸化はすなわちお肌がサビること。

お肌が錆びると、シミ・シワ・タルミといった老化現象があらわれてきます。

がっかりですよね・・。

一方、糖化は、食事などで摂った糖が体内のたんぱく質と結びつき、AGEs(終末糖化産物)になってしまうこと。

すごーく適当なたとえですが・・砂糖が焦げてカラメルになるようなかんじでしょうかね。

お肌のおこげは、ハリの低下や、あと、黄ぐすみの原因になったりするそうです。

黄ぐすみなんて若い時には想像もできなかったけど、たしかに黄色くくすむっていうのがわかる歳になってきました。。

お肌のサビやおこげを防ぎたい・・ということで生まれたのがPQQシリーズって考えるといいかなと思います(ざっくりした例えですみません!)

Pアップローションで潤い補給

順序としては、まずPアップローションを使います。

もちろん、PQQ配合です。

抗糖化成分としてはハマメリス葉エキスが入っています。

ハマメリスは肌の引き締め効果などがある成分です。

さらに美容美容成分としてマリンコラーゲン・ヒアルロン酸2種類などが配合されています。

Pアップローション

いわゆるお化粧っぽい香りはなく、ほぼ無臭です。(成分の香りがかすかにするだけ)

ややとろみがあり、顔にスッと染みこんでいくかんじです。

ローション塗った手の甲

塗った後の肌は、みずみずしい印象になります。

でも、このままだとすぐに外気で潤いをうばわれてしまいそうな危うさはあります。

そこにPアップクリームを塗って、油分を補給するわけですね。

Pアップクリームローションの後でもなめらかに浸透

こちらもPQQが入ってます。

抗糖化成分はベルゲニアリグラタ根エキス

ユキノシタ科の植物で美白やアンチエイジングコスメに使われることの多い成分です。

美容成分にはシアバターホホバ油、トコトリエノールなどが入っています。

トコトリエノールはビタミンEの一種。抗酸化作用が強く、美肌や美白にいいといわれる成分です。

Pアップクリーム

硬くもなく、癖のないテクスチャのクリームで、こちらも無臭。

このシリーズは、【化粧水→クリーム→美容液】という順番で使います。

クリーム浸透

ローションでしっとりと潤った肌にクリームを乗せると、意外なほどすっと、気持ちよく浸透してくれました。

潤う肌にPアップセラムでフタをすれば完了

最後に美容液、Pアップセラムです。

もちろん、PQQ入ってます。

抗糖化成分として配合されているのは、ネムノキ樹皮エキス。

PQQセラム

そのほかの美容成分はヒアルロン酸誘導体・水溶性セラミド・プロテオグリカンなどなど、保湿系コスメでよく聞く成分が入っています。

ゆるいジェル状です。

クリームで油分も含んでふっくらした肌の上に、セラムを塗りこみます。

すると、ジェルがほろほろと崩れて肌に染みこんでいきます。

PQQ セラム

ローションで基本的な水分を補給して、その後に油分を加えて潤った肌に、再び保湿でフタをしていく・・ちょっと不思議なかんじです。

ケア終了のお肌

つけ終わった後の肌は、油っぽすぎず、乾燥もしておらず、ちょうどいいうるおい具合になります。

ちなみに、アイテムの順番を間違えたからといってものすごい不都合はありません(笑)。

ただ、ほんの少しだけ、最後にクリームを使った場合のほうが肌にベタつきを感じました。

やはり、セラムが最後というのが正解な気がしますね。

保湿力ですが、私は十分にあると思います。

最後のセラムで保湿系の成分がしっかり入っているせいでしょうか。

PQQアップシリーズを使った感想

2週間使ってみて、肌の感触といい、3アイテムで完結する手軽さといい、「このシリーズいいじゃん!」って思いました。

ボトルの色も可愛いので、ドレッサーにおいても映えますし。

PQQ シリーズ

しかも、基礎化粧品3つのセットで1万円ちょい。

1ヶ月半〜2ヶ月弱くらいつかえそうな量です。 コスパいいです!

単品で買うならセラムがオススメだ思いました。

香りに癖がないので、他社製品と合わせても使いやすいと思います。

スキンケアで抗糖化成分が入っているものって多くないから、ピンポイントで足すといいかなと思います。

ただ、シリーズ使いで試すのが使い心地の良さは一番実感しやすいと思います。

美容成分の配合具合などを見ても、シリーズ使いで効果が出るように設計されていますから。

当サイトの記事の無断掲載、まとめサイトへの引用等はお断りします。

当サイトでは著作権フリー素材を利用しておりますが、たとえフリー素材であっても、当サイト掲載画像への直リンクはご遠慮ください。

  • この記事を書いた人

soubi

50代デビュー(?)を目指して、エイジングケア実践中の40代です。
都内在住・既婚・子供なし。IT系自営業歴18年。
マニアックな成分と美容機器が好物です。
美容薬学検定1級取得。

-化粧水, 美容液, スキンケア, クリーム

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2017 All Rights Reserved.