ポーラ

ポーラ(POLA)ホワイトショットシリーズの使い分け方について

更新日:

ポーラのホワイトショットシリーズについて、ポーラの方とお話させていただいたり、その後個人的に行ったポーラショップでビューティーアドバイザー(BA)さんにお話を聞く機会があったりして、ちょっと詳しくなりました^^

ポーラ ホワイトショットシリーズ

復習がてらまとめておきたいと思います。

ホワイトショット使ってみたいけどどのアイテムがいいのかまよっている・・そんな方のお役に立てれば幸いです。

※2018/2/1からホワイトショットシリーズが新しく、さらにバージョンアップしています。詳しくはポーラ公式サイトへ

ポーラ ホワイトショット

ホワイトショットシリーズの特徴

ポーラは美白研究はすごく長い歴史があって、1951年からずーっとやっています。

ホワイトショットシリーズは、1998年誕生のブランド。

ポーラの美白研究の最先端を行くブランドです。

美白研究もある意味やり尽くされた感があったのでポーラは研究の末、私たちの肌が持つ自ら白くなる働き「セルフクリア機能」に着目した美白シリーズを開発したのです。

ホワイトショットシリーズは

  1. メラニンをロック:メラニンのもととなるチロシンとチロシナーゼが合体するのを防ぐ、ルシノールというオリジナル美白有効成分を配合。
  2. セリフクリア機能に着目したSCリキッドを配合。

こういった成分を、肌の奥のメラニンにまできちんと届くようショットデリバリー処方を採用してつくられているのです。

成分と肌の奥への届け方がちゃんとしているから、シミにしっかりアプローチできるということなのですね!

ホワイトショットシリーズって今どれだけあるの?

ホワイトショットシリーズ、2017年7月現在はこれだけあります。

  • ホワイトショットCX(ボトルタイプの美容液)
  • ホワイトショットSX(チューブタイプの美容液)
  • ホワイトショット RX(ジャー入りのジェル)
  • ホワイトショットQX(シートマスクの美容液)
  • ホワイトショットインナーロックⅨ(サプリメント)
  • ホワイトショットインナーロックリキッド(ドリンク)

このうち、代表的なスキンケアアイテムは下の2商品です。

  • ホワイトショットCX
  • ホワイトショットSX

ホワイトショットシリーズのオリジナル成分について

ポーラは普通の成分名じゃなくて、ポーラ独自で開発したオリジナルの名前がついた成分なので「聞きなれないな」と思うかもしれませんが、もとは自然の原料です。

  • ルシノールEX(SX,CX配合):マジョラムエキス・ショウキョウエキス・エキスなどを配合した複合成分。
  • SCリキッド(SX,CX配合):セルフクリア機能に着目。ビワの葉から抽出。
  • YAC エキス(CX配合):糖化に注目。ヨモギから高濃度に抽出。
  • EGクリアエキス(CX配合):糖化に注目。レンゲソウから高濃度に抽出。
  • m-シューター(SX配合):クロレラエキス・カッコンエキス・アロエエキスなどで作られた成分。

一つ一つの成分をしっかり研究して安全性なども確認しつつ作られています。

ホワイトショットCX

ホワイトショットCXは美容液タイプ。

ホワイトショットCX

成分は、ルシノールEX、SCリキッド、YAC(ヤック)エキス、EGクリアエキスが配合されています。

肌への親和性が高く、美白有効成分をしっかりとメラノサイトに届けるショットデリバリー処方という方法を使っています。

ホワイトショットCX

使う順序は、ローションの後になります。

全顔に対して使う、面での美白を目指した作りです。

ポーラオリジナルの成分が、3種類のナノカプセルに入っています。

カプセルの1つは角層(角質層)の細胞間脂質と似た作りになっていて、角層が浸透しやすい状態になります。

さらに、美容成分を内包したカプセル2つのカプセルが、効率よく美白成分をメラノサイトまで届けてくれるのです。

ホワイトショットSX

SXはジェルクリーム状で、ピンポイントでつけられる、点で攻める美白にぴったりです。

ホワイトショットSX

気になる部分に密着して、美白有効成分を内包したカプセルが、肌の奥のメラノサイトにじっくり届くような処方で作られています。

ホワイトショットSX

使い方は、気になる部分にチューブから直接美容液を出して、小さめの真珠粒1粒くらいおきます。

その後、指の腹で5秒くらい抑えて、くるくるとなじませます。

ホワイトショットのここが気になるをチェック

使う順番は?

化粧水(ローション)のあと、CX→SXと使って、乳液(ミルク)を使います。

どちらか1つ使うならどっちが先?

CX は、顔全体のくすみが取れてワントーン明るい肌に導く印象になるらしいです。

糖化に着目した成分が入っているので、顔全体が若いころより黄色っぽくなってきた、という黄ぐすみに悩む方にはCXがおすすめです。

ただ、ピンポイントで非常に濃いシミがあって気になっている・・という人の場合、CXだけを先に使うと、全体がワントーン明るくなるため、シミ部分がかえって目立ってしまうこともあるそうです。

気になる目立つシミがある人はまずホワイトショットSXを塗っていくほうがいいかもということでした。

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】

サプリでの補充も大切!

ホワイトショットの代表的アイテムとして、もう一つ、外せない存在となっているのがホワイトショットインナーロックⅨです。

いままでのスキンケアでは、スキンケアと同列にサプリを勧められることはなかったけれど、最近はサプリも込みでのスキンケアなのですね。

「ああ、時代は変わったきたんだな〜」と思いました。

まあ、考えてみれば・・シミの予備軍が体の中でどんどん作られているのですから、いくら外側からのケアだけをしても無駄が多いですよね。。

やはり内側からの美白ケアを同時にするのが大切なんじゃないかと、自分の意識もだんだん変わってきました。

ホワイトショットインナーロックⅨ飲んでみた口コミ。POLAの美白サプリで内側からの透明美を目指せ!

基本の研究機関がしっかりしているので、サプリ類にも信頼が置けるのがポーラのいいところ。

購入はポーラショップか公式サイトで!

ホワイトショットシリーズはアジア諸国でも大変人気です。

そうなると出てくるのが類似品・模倣品のたぐい・・。

なかには「こんなアイテム売ってないけど・・!」といったものまで売ってるらしいです(ある意味見てみたいけど・・)

でも、美白アイテムで粗悪品を掴まされてお肌に被害があったらたまりません。。

購入はポーラショップか公式サイトをお勧めします。

ホワイトショット




 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

soubi

メイクやコスメが好きな40代です。 乾燥気味ですが敏感ではないです。 話題の成分や美容機器をいろいろ試したいタイプです。 美容薬学検定1級取得。

-ポーラ

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.