40代のスキンケア

kikimate クレンジングジェルを実際に使った口コミ。W洗顔不要で天然由来成分95%!

更新日:

TREEのkikimate(キキメイト)を試してみました。

ミネラルファンデなど軽めのメイクを愛用する人って、W洗顔不要のクレンジングってすごく便利ですよね。

私もなんだかんだといつも1本は常備しています。

今回試したkikimate(キキメイト)W洗顔不要のクレンジングジェルな上、敏感肌や乾燥肌の方にも安心して使ってもらえるというすぐれものなのです。

TREEのキキメイト

洗うほどにうるおう・・という評判だったのですが、たしかに洗い上がりがみずみずしい!

これなら乾燥肌でも安心。

そしてしぼりたてのグレープフルーツみたいな爽やかなシトラスの香りも素敵。癒されます。

kikimateは「肌が喜ぶための相棒」といった意味を込めてつけられた名前らしいですが、まさにそんなかんじ。

【"洗うほど、肌が生まれ変わる" << kikimate クレンジングジェル >>】

kikimate(キキメイト)の特徴

kikimateは天然クインスシードゲルを使用しています。

クインスシードとは、バラ科のマルメロの種子から採れるさっぱりとした使用感の水溶性ゲル。

kikimate クレンジングジェル中身のゲル

お肌の天敵である「摩擦」を最低限に抑えつつ、メイクをしっかりと取り、しっとりと仕上がる成分です。

kikimate クレンジングジェル 手で伸ばしたところ

さらに天然の洗浄液と言われているソープナッツ(ムクロジ)を配合。オーガニック系のコスメではおなじみの成分で、古くから石鹸などに使われる成分です。

保水力が高く、一般の洗浄成分(ラウレス硫酸)と比べると角質の潤いのキープ力が断然違うという実験結果も出ています。

また、ハチミツやコメ発酵液、プラセンタ、マルチフルーツエキスといったうるおい、しっとり成分が入っているのも特徴。天然由来成分が95%という高配合になっています。

kikimateクレンジングジェルの成分はこちらです。

kikimate クレンジングジェル 成分書かれた箱裏

水、ヤシ油脂肪酸PEG-7 グリセリル、DPG、グリセリン、マルチトール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ハチミツ、エチルヘキシルグリセリン、サピンズストリホリアツス果実エキス、ビルベリー果実エキス、クインスシードエキス、サトウキビエキス、プラセンタエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、コメ発酵液、(スチレン/VP)コポリマー、カルボマー、フェノキシエタノール、水酸化Na、エチドロン酸4Na、エタノール、香料

サピンズストリホリアツス果実エキスというのがソープナッツのことです。

ぱっと見たかんじも、「あ、天然成分いっぱい入ってるな」という印象を受けますね。。

合成界面活性剤・合成着色料・鉱物油・ケミカル・シリコンは無添加です。

<< kikimate クレンジングジェル >>

kikimateクレンジングジェルの使い心地はどんなかんじ?

実際にメイク落としとして使ってみました。

使い方は適量を肌にのせ、メイクになじませて洗うだけです。

kikimateでメイク落とし実践

ジェル自体はわりともったりとしたテクスチャで、伸ばすと、自然に数ミリの厚さで膜のようにメイクを覆います。

この時点で「わー、いい香り!」と気分があかるくなります。

顔の上でグレープフルーツを絞ったような・・本当にみずみずしい香りなんです。

お風呂などで使うとお風呂の中が柑橘系の爽やかな香りに包まれて、癒されます。。

ジェルをくるくるとメイクとなじませていきます。

kikimateがメイクと馴染んだ写真

色物のメイクもきれいに落ちました。

この後ぬるま湯などでしっかりすすぎます。

kikimate 洗い上がり

写真だとわからないかもしれませんが、洗い上がりは潤いがありすごく気持ちいいです。

<< kikimate クレンジングジェル >>

kikimateクレンジングジェルが向いている人、向いていない人

潤い感やメイク落としの手軽さなどを考えると、10代〜50、60代までメイクをする方全般に使ってもらえるクレンジングだと思いました。

親娘、あるいは三代で使うというのもアリなんじゃないかなと思いました。

キキメイト

ただ、私はもともとメイクも軽めなのですんなり取れましたが、ウォータープルーフマスカラや濃いめのピンポイントメイクなどをほどこした部分は、アイメイクアップリムーバーを使うなどしたほうが、無駄な摩擦がなくて済むかもしれません。

このあたりは実際に試してみてご自身で判断してみてくださいね。

向いていない人というのは・・たとえば柑橘系の香りが苦手な方。

あと日々フルメイクという方にはそれほど向いていないかなと思います。

メイクによって最適なクレンジング素材というのはありますので、濃いメイクの方はオイルクレンジングなどのほうが向いているケースも多々あると思いますので。

ちなみにマツエクはOKです。

kikimateの購入情報

TREEのkikimateは1本120gで4,900円(税別)

初回モニター料金(定期ではない)だと1本2,900円(税別)+送料630円。

定期コースは初回に限り1本1,500円(税別)・送料無料でお得です。

定期コースの条件は

  • 2回目以降は2本7,800円(税別)を2ヶ月ごとに配送(定価の20%オフ
  • 1回きりのお届けでも解約・休止OK
  • 送料無料

となります。

詳しいことは公式サイトをご覧ください。

<< kikimate クレンジングジェル >>


 

 

 
 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代のスキンケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.