ボディケア

ヤングビーナスの入浴剤オブクレイ2回目利用。ofclayを今年も使ってみようと思います。家族みんなで温泉気分。

更新日:

今年も入浴剤が楽しみなシーズンがやってきました。

寒くなるといろんな入浴剤を使いたくなるのです!

まずは、去年も使ったヤングビーナスの天然温泉系入浴剤オブクレイを今年もリピート利用してみることにしました。

ヤングビーナス

今回は無香料タイプのmukuを使ってみました。

【 ofclay ミネラルスパパウダー muku 】

匂いがないので、その分、お湯の良さをじっくりと集中して味わうことができる入浴剤です。

オブクレイ(ofclay)の口コミレビュー。ヤングビーナス渾身の入浴剤は限りなく天然温泉に近かった!

オブクレイには、天然温泉から取れる青粘土を原材料として作ったミネラルエッセンスが入っています。

ヤングビーナスのパンフレット

これを凝縮したのが下の写真のミネラルエッセンス。

ミネラルエッセンス

青粘土がこの茶色いエッセンスになるまでの過程は、昔ながらの手法で進めらます。

ミネラルエッセンスができるまで

温泉成分を化学的に再現して「〜〜の湯」とネーミングする入浴剤が多いのですが、天然の温泉成分をここまで凝縮して閉じ込めた入浴剤はかなり貴重ではないかと思います。

各商品の説明は去年の記事に詳しく書きましたので、そちらを参考にしていただければと思いますが・・私の使い方をご紹介いたします。

私は、38度くらいのぬるめのお湯で入るのが好きです。

まろやかな、化粧水のような感触のお湯に15分くらいのんびり入ってから上がります。

風呂上がり時点では、「もうちょっとあったまった方が良かったかな?」と思うくらいなのですが、そのくらいでお布団に入ると、ちょうどいい感じにポカポカしてきます。

翌日まで体がポカポカと暖かいので助かります。

もし今一人暮らしだったら、もっとラグジュアリーな香りとかしゅわしゅわ感とか泡とかを重視して、日々いろんな入浴剤を取っ替え引っ替え使うと思います。

でも、「家族みんなで長く使える上質な入浴剤ってどれだろう?」と思った時に、パッと思いついたのはオブクレイでした。

オブクレイには無香料のもの以外に、2種類の香りつきのものがあります。

香りつきといっても、どれも上品な香りです。(カリス成城のアロマを使用)。

3種類ついたお試しセットなどもあるので、好きな香りを選べると思います。

大きなサイズもあります。

オブクレイ

個包装タイプは1袋で200Lのお湯に使えるのですが、バケツタイプなら、各家庭の湯船の湯量に合わせて入浴剤の調整がしやすいと思います。

温泉の恵みをぎゅっと、至福のひと時、おうち“おんせん”【ofclay・薬用入浴剤】

 


 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ボディケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.