40代のスキンケア

MDNA SKINリインベンションクリームの魅力とは?復活草配合のオールインワン登場!

更新日:

リインベンションクリームは、マドンナのプロデュースしたスキンケアブランドMDNA SKINのオールインワンクリーム。

リインベンションクリーム

私はマドンナをリアルタイムで親しんできた世代で、マドンナ大好き。

もちろん、マドンナがMTGと共同開発したスキンケアMDNA SKINの存在も知っていました。

でも、MDNA SKINは、なんとなく敷居が高くて今まで遠巻きに見ていたのです。

でも・・・オールインワンなら、すごく手に取りやすいですよ!

MDNA

お値段も7,800円(税抜)。

これまでのラインに比べてもかなり手に取りやすい価格!

成分やテクスチャも独自のこだわりがあり、試してみたくなる商品です。

マドンナのツアー名にも使われた言葉を冠したクリーム

MDNA SKINのオールインワンの正式な名前はThe Reinvention Creamといいます。

マドンナの2004年のツアー名がThe Re-Invention Tourでした!

リインベンションとは「再発明」するという意味。(インベンション=発明)。

一旦ゼロベースにして、再び新たな自分を作りだす、自分という存在を蘇らせるために見つめ直す・・・といった意味なのでしょうか?

この名前を聞いた時、マドンナ自身にとってとても大切な意味を持つ言葉とそのコンセプトをこのクリームに託したのだろうな・・という気がしました♪

リインベンションクリームの成分について

リインベンションクリームに使われている成分は「復活草」です。

復活草というのは砂漠に生息する生命力の強い植物たちの総称です。

たとえば、こちらはジェリコのバラ(ローズオブジェリコ)と呼ばれる植物。

ジェリコのバラ

普段は写真左のように丸くなっているのですが、水分を吸うとじわじわと写真右のように広がる、不思議な生命力を持った植物なんですよ。

今回のリインベンションクリームには、3種類の復活草、

  • ジェリコのバラ(ローズオブジェリコ)
  • ミロタムヌスフラベリフォリア
  • ハベルレアロドペンシス

が使われています。

復活草は、過酷な土地でも水分を蓄えて生き延びる力を持っている植物ですから、高い保湿力を持っているそうです。

今回は復活草の幹細胞のエキス(※)が使われており、肌の角層にデリバリーすることができるよう、カプセルで包み込んでいるのです。

※ミロタムヌヌフラベリフォリアカルス培養エキス(保湿剤)

イタリアモンテカティーニの秘法M.T.PARCAを使用

M.T.PARCA(エムティーパルカ)※というのはイタリアの温泉地モンテカティーニの源泉を配合した美容原料。※水(基材)

MDNA SKINというブランドを作るにあたって、MTGの開発者が世界中を旅して見つけてきた秘伝の美容原料で、世界でもMDNA SKINだけに使用を許可されたという成分なのです。

MDNAのMはマドンナのMであり、MTGのMであり、MonticatiniのMでもあるというわけですね。

リインベンションクリーム使ってみた感想!

MDNA SKIN の開発って、完璧主義のマドンナ本人と本当にコラボしながら作っているそうで、ご本人からもダメ出しが来るのだそうです。

なんどもダメ出しをくらいながら、本当にマドンナが使いたいオールインワンとして仕上がったのがこちらのクリーム。

MDNA スキン

洗顔後の肌に塗るだけで、化粧水・美容液・乳液・クリーム、パックの機能を実現しています。

色が白っぽいので重めに見えますが、テクスチャは意外と軽めで、塗るとスーッと伸びます。

リインベンションクリーム

香りもなんともいえずいい香り。もちろん顔に使えますが、鎖骨と首筋に塗ると気持ち良いですよ。

何度でもたくましく復活してタフに生き抜いていく女性たちを応援し、勇気と自信をもってほしい・・

そんな願いを込めてマドンナが作ったオールインワンクリーム、コンセプトといい機能性といい素敵だなと思いました。

MDNA SKIN オールインワンの購入情報

ザ・リインベンションクリームは1個50gで8,424円(税込)。

購入はMDNAショップか公式オンラインショップで可能です。

なお、購入金額の一部は、復活草の産地でもあるアフリカ最貧国の一つであるマラウイの子供たちへの支援団体「レイジング・マラウイ」に寄付されます。

マドンナが生涯をかけて取り組んでいるプロジェクトへの支援もしつつ、復活草のような強い美しさを手に入れてみたい方は、お試しあれ・・!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代のスキンケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.