40代のスキンケア

世界最高品質イロコスノルテ産のモリンガオイルでオイル美容のすすめ

更新日:

美容オイルって買うときは張り切って買うものの、使いきれなくて時間が経ってしまうことが多いのです。

そして「もしかしたら酸化してるかも・・こわっ」って捨ててしまうことも多いんです。。

もったいない・・!

そんな飽きっぽい私には、20ー30mlの小さなボトルが一番手に取りやすいのですが・・今回手にしたモリンガビューティオイルはまさにストライクゾーンの20mlサイズ。

モリンガオイル

中身はオーガニックフェアトレードの高品質なモリンガオイルと、サンバギータ精油のみでつくられたピュアなオイル。

モリンガオイル 内容

 

オイルはスポイトに撮ったときは、少し白濁した印象なのですが、手に載せると体温でちゃんとオイルに戻ります。

黄みがかったゴールド色です。

モリンガオイル

サンバギータ(アラビアジャスミン。和名だと茉莉花。ジャスミン)のエキゾチックな香りが立ち上ります。いい香り。

年齢・乾燥が気になる部分(目元・口元・デコルテ・手など)につけるといいみたい。

個人的にはジャスミンフレーバーを顔につけるのはちょっと抵抗があるのですが・・好きな人ならいいかなと。

デコルテあたりにつけるとフレグランスがわりになりますし、風呂上がりに体につけるのもさらっとしていて気持ちよかったです。

使った後

浸透したあとは表面があまりベタつかないので、使いやすいですね。

モリンガは別名ワサビノキ。

古代ローマ・ギシリャ・エジプト文明などでも重用されてきた健康と美容のためのハーブです。

あのクレオパトラも愛用していたそうです。

各種ビタミンや必須アミノ酸など人間に必要なほぼ全ての栄養が90種類以上、豊富にバランスよく含まれているのが特徴で、インドの伝統医学アーユルヴェーダでは「奇跡の木」とか「薬箱の木」と呼ばれてきたそうです。

モリンガのタネから抽出されるモリンガシードオイルは、ヨーロッパでは古くから美容クリームの原材料にもなってきました。

モリンガビューティオイル

また、ちょっと面白いところとして、モリンガのタネは水を美しく浄化する成分があると言われています。

これはタネに含まれるタンパク質が異物を絡め取るという性質があるため。

そういえば・・シュウウエムラのクレンジングオイルで「大気汚染物質もオフする」というのがあるのですが、モリンガシードオイルが使われているんですよね。

スキンケア業界でもすでに注目されているのです。

モリンガシードオイル

こちらのモリンガオイル は、農薬不使用・非遺伝子組換え・フェアトレードの「イロコスモリンガ認証」のフィリピン・イロコスノルテ州産のモリンガシードオイル。

歯が肉厚で他の産地に比べて栄養価も高く、世界最高品質のモリンガオイルといわれています。

ただし、「オーガニック(有機)」ではありません。

それには理由があります。

実は、オーガニックの品質には、ある程度の農薬の使用と遺伝子組換え・ハイブリッド種の使用も含まれていることがあるのだそうです。

オーガニック以上に安心な品質を提供するため、ワイルドクラフト(自然農法・農薬不使用)非遺伝子組換え・フェアトレードの基準を適用しているのだそうです。

フェアトレード

ちなみに、モリンガは、インド産・日本産などでも栽培されています。

インドでは遺伝子組み替え種が使用されていることも多いそうです。

日本の場合は、生産体制は安心ですが、種をインドやアフリカから輸入していて、種の品種を確認せず使っている農家も多いそうです。

soubi
もちろん、インドや日本でもしっかり作っている生産者もいると思います。ただ、一概に決めつけることはできませんが、一概に「〜〜産」だから安心とは言えないということですね。

オイル美容、すごく流行っていますよね。

ただ、オイルの品質をしっかり確認しないとむしろお肌に悪い影響を与えることもあるかも・・

また、普段の生活に取り入れるには「酸化しない間に使い切れる分量」を購入するほうがいいですよね。

少しだけ、いい品質のものを使ってみたい、というオイル選びに困っている方に、おすすめの美容オイルだと思いました。

モリンガビューティオイル



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-40代のスキンケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.