ライスパワー 成分

ライスパワー No.7 について。配合商品のまとめ。

投稿日:

  • ライスパワー No.7(ナンバー7)ってどんな成分なんだろう?
  • ライスパワー No.7にはどんな効果があるんだろう?
  • ライスパワー No.7にはどんな商品があるんだろう?
  • そんな疑問を持っているあなたのために、今回の記事では、ライスパワー NO.7の効果や特徴、ライスパワー No.7配合の注目アイテムをご紹介したいと思います。 [st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="" fontweight="" bgcolor="#4FC3F7" color="#fff" margin="0 0 20px 0"]ライスパワー って?[/st-minihukidashi] ライスパワー は香川県の老舗酒造が開発したお米由来の成分です。現在36種類のライスパワー が研究開発されています。 ライスパワー で最も有名なのは、お肌の水分保持能改善の働きが認可されているライスパワー No.11です。 [st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="" fontweight="" bgcolor="#4FC3F7" color="#fff" margin="0 0 20px 0"]ライスパワー No.7が人気?[/st-minihukidashi] お米コスメ好き、ライスパワー ウォッチャー的視点で見ると、「最近、ライスパワー No.7配合の注目のアイテムも増えてきたな」という印象です。 2018年の秋にコーセープロヴィジョンで、2018年秋に、二層式オイルや、スティック状のバームなどユニークなライスパワー NO.7入りの新商品を次々投入発売したのです。 さらに、2019年3月に、米肌の美白シリーズがライスパワー No.7配合で発売予定となっています。

    ライスパワー No.7の効果とは?

    ライスパワーの研究・開発元である勇心酒造のサイトでは、ライスパワー No.7は下記のように紹介されています。
    ライスパワー No.7  (皮膚の油分を保ち、乾燥やカサつきをケア) 角質層へと働きかけ、肌の油分を整える。 乾燥やカサつき、肌荒れなどのトラブルから守り、皮膚の油分が保たれたなめらかな肌へと導きます。(引用:ライスパワー の効果・効能 勇心酒造公式サイト )

    ライスパワー No.7の特徴

    保湿+エイジング肌に欠かせない油分をキープ

    ライスパワー No.7は、「皮膚の油分を保ちつつ」お肌を乾燥からまもるという特徴があります。 これはエイジングケアには欠かせない働きなのです。 皮脂の分泌量は年齢とともに減ってしまいます。 エイジング肌では、油分を保つ働きが弱くなっているのです。 若い頃には「皮脂が多すぎる」と悩んでいた人でも、年齢を減ると油分が減ってしまい、お肌はハリやたるみを失い、老けて見える原因になることも多いのです。 お肌には水分だけでなく油分も必要です。 油分をキープしてお肌を乾燥からまもることは、エイジングケアに欠かせない要素なのです。 [st-marumozi-big fontawesome="fa-exclamation-circle" bgcolor="#ffebee" color="#ef5350" radius="30" margin="0 10px 10px 0"]上記の説明は「ライスパワー No.7」という成分に関するものです。ライスパワー No.7 が配合されているアイテムに全く同様の効果があることを保証する意図はありません。[/st-marumozi-big]

    ライスパワー ナンバー7 配合のアイテム

    ライスパワー no.7を使ったアイテムにはどんなものがあるのか、知りたいあなたのために、ライスパワーナンバー7配合のスキンケアアイテムをご紹介しています。

    注目! 米肌肌潤トリートメントオイル

    2018年9月に発売の二層式美容液オイル。 米肌シリーズ初のライスパワーNo.7配合アイテムです。 二層式オイル 今話題の二層式オイルタイプの美容液。 しっとりうるおい、油分もキープできるのでエイジング肌にぴったり。 秋冬はクリームと混ぜて使うこともできます。 肌潤トリートメントオイルの使い心地についてはこちらの記事もご覧くださいね。

    注目! 米肌肌潤エッセンスバーム

    2018年11月発売。コーセー米肌から発売された業界初の持ち運べるライスパワー スティック(スティック状美容液バーム)にもライスパワー No.7が配合されています。 メイクの前に使ったり、持ち歩いてお化粧直しに使うこともできて便利なスマート保湿ができるアイテム。

    2019年3月予定:米肌肌潤美白シリーズ

    2019年3月にコーセーの米肌の美白シリーズがリニューアルしますが、ライスパワー No.7が配合されるそうです。 今までの米肌の美白シリーズ(澄肌美白)は、米由来の成分がはいっていたものの、ライスパワー成分は入っていませんでした。 さらなるパワーアップ、バージョンアップに今から期待が高まっています。

    コーセー公式サイト 2018年12月7日 IR情報(PDF)より

    ライースリペア コンセントレーションD<医薬部外品>

    ライスパワーエキス 開発元の勇心酒造の薬用濃縮美容液(医薬部外品)。 さすが開発元の勇心酒造。すでにライースリペアシリーズでライスパワー No.7を使っていました。 ライスパワーNo.11とライスパワーNo.7のダブル配合 ライースリペア 美容液 ライスパワー No.11でお肌のうるおいキープ力をサポートし、ライスパワーNo.7が乾燥気味の肌をトラブルから守る、Wの力ですこやかでなめらかな肌へと導く美容液です。

    サンプルサイズですが実際に使ってみた感想を書いています>>

    アトピスマイル 薬用ボディローション<医薬部外品>

    アトピスマイルは勇心酒造のドライ肌やトラブルに悩む肌のためのスキンケアライン。 アトピスマイルローション ライスパワーNo.7を配合した薬用乳液です。

    ライスフォース モイスチャーボディーミルクα

    ライスフォースでもライスパワーNo.7を配合したボディーミルクが出ています。 ライスパワーNo.7の他にも美容成分が入ったリッチなボディーミルクで、乾燥が気になるボディにうるおいをあたえてくれるアイテムです。

    ライスフォース モイストチャージリップトリートメント

    グロスや口紅用の下地にも使えて、夜はリップトリートメントにもなる優秀リップ。 ライスパワー7 リップ

    救肌麗 薬用全身ローション

    救心からも乳液が発売されています。 医薬部外品です。有効成分はグリチルリチン酸ジカリウム。 効果・効能としては「皮膚の乾燥を防ぐ、肌あれ・あれ性、皮膚をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える、肌を整える」といった働きがあります。
    有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
    ライスパワー®No.7(米エキスNo.7)、BG、濃グリセリン、水、トリエチルヘキサン酸グリセリル、ミリスチン酸オクチルドデシル、植物性スクワラン、イソステアリン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、マルチトール、ステアリン酸、ミリスチン酸、サラシミツロウ、イソステアリン酸、ベヘニルアルコール、ジメチコン、天然ビタミンE、ヒアルロン酸Na-2、ノバラエキス、エタノール、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、アルギニン、エデト酸塩、パラベン

    詳しくは公式サイト>>

      [st-kaiwa1]いかがでしたか? 米コスメウォッチャーとしては、米肌シリーズがどんどんライスパワー No.7 配合アイテムを出しているのが気になっています。[/st-kaiwa1] 最近は、エイジングケアには保湿だけでなく油分とオイル美容なども注目されています。 油分を保つというライスパワー No.7成分は今後もっとブレイクするかもしれませんね。 [st-kaiwa1]またライスパワー No.7の新商品情報や発見などがあれば追加していきたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました![/st-kaiwa1]]]>

    -ライスパワー 成分

    Copyright© ローズコスメ情報局 , 2020 All Rights Reserved.