癒しのボディケア

筋肉痛のアロママッサージにヴェレダ のアルニカオイルを使ったらすごくよかった!当分ヘビロテ決定。

投稿日:

最近運動を始めたのですが、40を過ぎて年寄りの冷や水はやばいですね・・・!

身体中ピッキピキです・・・。

そこで、アロママッサージオイルを探したところ、ヴェレダのアルニカオイル がスポーツマッサージにぴったりと言うことを初めて知り、使ってみることにしたのです。

アルニカオイル 、これです。

目にしたことはあるはずなのですが・・・・・完全にノーマークでした。

だって、普段運動しないんですもの。。

ヴェレダのオイルといえば、いろんな女性タレントさんが愛用ということで有名になったホワイトバーチや、乾燥などにいいというヒッポファンフルーティ オイル、エイジングケア用のざくろオイル、ローズ好きにはたまらないワイルドローズオイル
など・・・いろんな物を使ったことがあるのですが・・アルニカの存在を完全に無視してました。

でも、1924年誕生の、すごい歴史のあるオイルで、世界中で年齢問わずいろんな人に愛用されている人気のオイルなのですって。(ヴェレダ設立は1921年)

私も、今回使って「実はこれ一番好きかも」って思ったのです。

それくらい、実感度が高いというか「困っていたことが解決した」ありがたいオイルでした。

アルニカオイル はこんなオイル

結構黄色い色のオイルです。

塗るとさらっとしていて、ベタつきはありません。

香りはハーブ(葉っぱ)っぽい香りですね。

柑橘系やローズのようなわかりやすい感じではないですが、落ち着く香りだと思います。

足はもちろん、肩や鎖骨などに塗ると気持ちいいですよ。

翌朝の足の軽さが違う気がしました(個人の感想です)。

最近はポンプ式になったようで、昔のようにドバドバ出ることもなくなったのですね。。

最近は運動後に必ず使っています。

使い方はこれがわかりやすいです。

ヴェレダのアルニカオイルの特徴

全成分はヒマワリ種子油、オリーブ果実油、香料、アルニカ花エキス、ヨーロッパシラカバ葉エキス、のみ。

アルニカは中・南部ヨーロッパに原生するキク科の植物で、花部分には150種類以上もの有用な成分が含まれています。アルニカから抽出されるエキスは80年以上にわたって、ヴェレダで使用されてきました。(引用元:ヴェレダHPより)

筋肉痛の原因

実は筋肉痛にどうしてなるかという仕組みは、はっきりとは解明されていないそうです。

昔(私が若い頃)は「運動すると乳酸が溜まって足がだるくなる」といったことが言われていたのを覚えていますが、それも正しくないんですって。

ただ、運動で損傷した筋繊維が炎症を起こして、痛みを起こす物質を作り出している・・・というのが一番有力な説とされているそうです。

案外身近な人体の謎が解明されていないんですね。。

理由がわからないなら、使って「いいな」と思うものを使うしかないですよね〜。

昔からスポーツする人に愛されてきた、実感度高いアルニカオイル、私も使っていきたいと思います。

アルニカオイル は、ノーマークから一転、私にとって「ヴェレダの最重要アイテム」になってしまいました。ヘビロテになりそうです〜!

ちなみに、開封後3〜4か月持つそうですが、オイルなので販売前までの保存状況とかも若干気になりますよね。。

正規店で買うことをおすすめします。せめて、このホログラムは確認した方がいいですね。

2017年5月の時点でボディオイルに関しては(非売品のミニサイズを除いて)、すべてホログラム貼付されているようです。

これがないオイルは買わないよう、用心した方がいいと思いますよ!

 

安心と信頼のスキンケアブランド【WELEDA】


 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

soubi

メイクやコスメが好きな40代です。 乾燥気味ですが敏感ではないです。 話題の成分や美容機器をいろいろ試したいタイプです。 美容薬学検定1級取得。

-癒しのボディケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.