40代のスキンケア

パパウォッシュ洗顔酵素でさっぱりするんと毛穴ケアのすすめ

投稿日:

パパウォッシュのオイルクレンジングについてきた懐かしのパパウォッシュ酵素洗顔!

使っていて、「昔からあるけれど、発売っていつ頃だったのかな?」など気になったので色々調べてみました。

するとなんと発売は30年以上前でした。

累計1172万本(2018年6月末時点)というので超ロングセラーです。

今回調べてみると、当時わからなかったことがいろいろわかってきました。

酵素洗顔料パパウォッシュが口コミで再注目

パパウォッシュとは?

パパウォッシュはパパイン酵素を使った洗顔パウダー

毛穴の汚れやいらない角質をしっかりと落としてうるいをキープするタイプの洗顔料です。

soubi
乾燥しがちな季節でもつっぱらず、しっかり汚れを落とせるパパウォッシュですが、なんと、製品になるまで1年半もかかっているのだそうです。

創業以来変わらないこだわりの製法で、現地の農園で良質のパパイヤを厳選。

パパイヤから取れたパパイン酵素に、植物性の保湿成分として

  • コメヌカエキス
  • ローズマリー葉エキス
  • カミツレ花エキス

が加わっています。

初めてパパウォッシュを使っていた当時は「パパイン酵素が入っているんだ!」というところまでは気にしていたのですが、それ以上のことは分からず使っていました。

さっぱりしながらもうるおうのは植物性保湿成分のおかげだったのですね。

パパウォッシュの全成分はこちら↓

石ケン素地、バレイショデンプン、コーンスターチ、タルク、ラウロイルグルタミン酸Na、アルブミン、パパイン、加水分解卵白、スクワラン、トレハロース、アスコルビン酸、コメヌカエキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、乳糖、BG、水、香料

パパウォッシュを実際に使ってみた!

懐かしいパパウォッシュの洗顔をひさびさにつかってみました。

懐かしい白いパウダー状のパパウォッシュ!

水を加えるとそのときから酵素の力を発揮し始めます。

泡だてネットなどを使ってもいいですが、基本的には泡で洗うというより、酵素の力で汚れを分解して取り除くので、もこもこにしないでなめらかな泡の方が、肌に密着するのでより効果的です。

きめの細かい、やわらかいなめらかな泡です。

酵素が顔の上で働くのをイメージしながら、ゆっくりと泡をのせていきます。

ぬるま湯で洗うとさっぱりします。

懐かしい使い心地です。

若い頃に使っていたアイテムなので、使うと顔が突っ張るかと思ったら、全然平気でした。

やはり、パパイン酵素の特徴として、不要な角質だけ取ってくれているということなのでしょうかね。

あと、植物性の保湿成分も入っているからでしょうか。

落ちにくい毛穴の奥や古い角質の汚れにアプローチしつつ、10代から70代まで、世代を問わず使える洗顔料です。

パパウォッシュ気になる点をチェック

毎日使っても大丈夫?

毛穴汚れや古い角質をとることで清潔さを保てるのでトラブルの起こりにくい肌に。

メイクは落とせる?

化粧下地にパウダー程度なら2度洗いで落ちます。

2回目のパウダーは、1回目の半分くらいの量で大丈夫です。

お風呂場で使える?

使えます。

パパウォッシュは機密性の高いボトルなので、中身が湿気にくくなっています。

ただ、やはり粉末形状なので使い終わった後はお風呂場に置きっ放しにせず、できるだけ湿気の少ない場所においた方がいいでしょう!

販売店について

パパウォッシュは全国のバラエティショップや一部のドラッグストアでも見つけることができますが、公式サイトのお試しセットがかなりお得です。

気になる人はチェックしてみてくださいね↓

パパウォッシュに新お試しセットが登場!



 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

soubi

メイクやコスメが好きな40代です。 乾燥気味ですが敏感ではないです。 話題の成分や美容機器をいろいろ試したいタイプです。 美容薬学検定1級取得。

-40代のスキンケア

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2019 All Rights Reserved.