オイルクレンジング

40代向けオイルクレンジング厳選5品【デパコス・通販・プチプラ】

クレンジング、何種類持っていますか?

オイルクレンジング

クレンジング、どんな基準で選んでいますか?

オイルやクリーム、ジェルなどいろんな形状のクレンジングがあります。

選び方の基本は、メイクの濃さや種類に合わせて決めること。

大まかには

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 濃いめのメイク→→オイルクレンジング・油系クレンジングジェル
  • 普通のメイク→→クリーム・ペースト状
  • 薄めのメイク→→乳液状・水系クレンジングジェル

[/st-mybox]

と考えていただいてオッケーです。

まずは1本、普段よくするメイクの方法や濃さに応じたアイテムを持っておくこと。

さらに、可能なら休日と会社に行く時、季節やシチュエーションによりメイクもスキンケアも変えるという方は、クレンジングも複数揃えるのがおすすめです。

必ず持っていたほうがいいアイテムはオイルクレンジングです

しっかりメイクをした日は、オイルクレンジングでしっかり汚れを落とすのが基本です。

40代ならしっかりメイクが必須な行事もあると思いますので、是非オイルクレンジングを準備しておきましょう。

オイルクレンジングというと、「油っぽい」とか、「肌に負担がありそう」・・と敬遠する人もいます。しかし、洗浄力の弱いクレンジングでしっかりメイクをゴシゴシ落とすほうがお肌に負担がかかります。

[st-kaiwa1]オイルクレンジングを正しく使う方が、肌負担を最小限に抑えつつ、メイクの毛穴汚れをしっかり落とすことができるのです![/st-kaiwa1]

今回は定番・人気のクレンジングオイルを選んでみました。

シュウウエムラ

クレンジングオイルで有名なブランドといえば、シュウウエムラ!

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B017R4CITM” title=”シュウ ウエムラ(shu uemura) ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンスト クラシック 150ml[並行…”]

以前から有名ですが、現在ではオイルクレンジングにも様々なバリエーションがあり、価格もかなり幅があります。

[amazonjs asin=”B017B5LFK0″ locale=”JP” title=”シュウ ウエムラ(shu uemura) アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング オイル 150ml並行輸入品”]

スキンケアに妥協したくない、という人なら是非一度はためしてほしいアイテムです。

アテニア クレンジングオイル

ファンケルグループのブランドであるアテニア はアラフォー世代に人気の優秀通販コスメ。

アテニア クレンジングオイル
アテニア「スキンクリアクレンズオイル」

肌のサビ(ステイン)を落としてくすみのないワントーンクリアな肌を目指すクレンジングオイルはブランド1の有名アイテムです。

アテニア は創業時から「有名ブランドの3分の1の価格で同じ品質を目指す」というポリシーをもつブランド。

安価なものを使うのが不安で仕方なくデパコスブランドを買い続けている・・という人には、アテニアがおすすめです。

[st-kaiwa1]高いものをケチケチ使うより、品質のいいお手頃価格のものを適量しっかり使う方がお肌にとってもメリットが多いですよ![/st-kaiwa1]

アテニア オイルクレンジングのレビュー記事はこちら>>

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルのマイルドクレンジングもオイルクレンジングの定番アイテムです。

しっかり落としつつうるおう、毛穴が気になるときに使いたくなるオイルクレンジングです。

シンプルなスキンケアが好きな無添加派さん、ナチュラル派さんにはファンケルはおすすめです。

無香料のほうが落ち着く・・という方にもおすすめです。

ファンケル マイルドクレンジングを使ってみた>>

無印良品

無印良品の敏感肌用のスキンケアは、外観がシンプルデザインで、成分もシンプル。

ザ・無印といったかんじのアイテムです。

[amazonjs asin=”B01D6I8W98″ locale=”JP” title=”無印良品 オイルクレンジング 敏感肌用 200ml”]

年齢関係なく、幅広い肌質の人にも「無印なら」と受け入れられやすいためか、最近スポーツジムなどでよく導入されているのを見かけます。

「とりあえず1本オイルクレンジングがほしい。手近なところで見つけたい」という場合にはおすすめです。

パパウォッシュ クレンジングオイル

パパイヤ酵素洗顔で有名なパパウォッシュから出ているオイルクレンジングも手頃なクレンジングオイルです。

パパウォッシュ酵素洗顔とおなじく、パパイン酵素が入っているとのでさっぱりすっきり落ちるクレンジングオイルです。

若干香りがあるのですが、10代の頃パパウォッシュが好きだった人なら懐かしいかもしれません。

パパウォッシュ クレンジング使ってみた記事>>

オイルクレンジングの使い方のコツ

「適量」を使いましょう。

適量、と言われた場合は顔に塗ってくるくると馴染ませることのできる量を使いましょう。

多すぎても少なすぎても良くないです。

先にポイントメイクを落とす

まずは目や口元のポイントメイクを落としましょう。

コットンや綿棒を使って、軽い負担で済むようにしてメイクをさっと取ります。

その後、適量を顔に馴染ませ、中指、薬指を使ってくるくると螺旋状にメイクを馴染ませます。

Tゾーンから、Uゾーンへと順番で使っていくのがおすすめです。

なるべく乾いた手で使おう

最近のオイルクレンジングは濡れた手で使うことができるものも多いです。

でも、基本的には乾いた手で取って使った方がいいでしょう。

また、お風呂で保存するより、乾いた状況で保管するのが劣化を防げるのでおすすめです。

基本的にはW洗顔したほうがいい

W洗顔不要のアテニアのようなブランドもありますが、基本的にはクレンジングオイルの後は、洗顔料を使いましょう。

肌に残っているオイルをしっかりと洗顔料で落とさないと、かえって肌に負担を与えてしまうことがあるからです。

個人的おすすめのブランド

今回紹介したオイルクレンジングならいずれも、適切な方法でクレンジングをして、すっきり洗い流せば、肌負担なくメイクの毛穴詰まりなどをしっかり取ることができます。

その中でも「イチオシ」として私が勧めたいのはアテニア です。

アテニア クレンジングオイル

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

お肌のステイン(肌の上で酸化した汚れ)にアプローチするためのオイルを配合している上に、お値段もお手頃な点がなんといってもポイントです。

[/st-mybox]

詳しいアテニア スキンクリアクレンズオイル のレビュー記事はこちら>>

優秀なクレンジングオイルを1本備えておけば、いろんなメイクが安心して楽しめます。

是非みなさんもお試ししてみてくださいね。