自己紹介

こんにちは。soubiといいます。

10代後半〜20代はコスメオタ。30代はゆるいオーガニック系。40代になってコスメ熱が再燃し、ブログをはじめました。

  • 肌の色:オークル〜ややブルベ系
  • 肌質:乾燥肌
  • 目:一重
  • コンプレックス:顔が地味
  • 最近の悩み:フェイスラインのたるみ
  • スキンケア選びのポリシー:お気に入りのアイテムでも長期間は使い続けない。その時々であうものを常に探す。

お問い合わせはこちらからお願いします。

*  *  *  *

自己紹介がてら自分のコスメ歴を書いてみることにします。長いのでお暇な方だけ。。

私のコスメ歴

学生時代

学生時代はデパートのコスメカウンターを外資系中心に一通り回るようなコスメおたくでした。

乾燥気味ではあるものの普通肌(というか鉄の肌)だったので国内海外ブランド問わず、いろんなものを試しました。

コスメライターに憧れた時期です。

シャネル、ディオール、ランコム、クラランス、アルビオンとかが好きでした。

あと、当時から貧乳に悩んでおり、バストアップ器具や補正ブラも当時から買ってました。

クラランスのホースつきのバストケア器具を風呂場に置いてて遊びに来た友達に思いっきり馬鹿にされたことも懐かしい思い出です。。

働きづくめのストレスを高級化粧品でうさばらしした20代

20代は体がボロボロになるような無茶な生活をしており、そのストレスをひたすら高い化粧品やエステにぶつけていました。

でも、生活がむちゃくちゃなので、いい状態も長続きしませんでした。

あと香水にもすごくこっていたのがこの時期。

ちょっと変わった香りの香水が好きで男子受けはまったくせず。

サムサラとかコムデギャルソンとかをつけて周囲を威嚇する日々でした。

自然派・オーガニック系に切り替わった30代

30代手前ごろからオーガニックに興味が湧きました。

きっかけは手作りコスメを作るようになったから。

もともと、アロマオイルとかを「調合」するのが楽しかったです。

相変わらず仕事は忙しいけれど体力が追いつかなくなってきて、これまでの生活を変えなきゃいけないという気がしてきたのもこの頃。

でも具体的には何も変えられない。

せめて化粧品だけは「高いものを選んでりゃいいでしょ」的なスタンスを変えようと無意識に思っていたのかもしれません。

あと、ちょうど「スピリチュアル」なものが流行っていた時代だったので、自分だけじゃなくて時代の雰囲気にも影響されていたところがあるのかなと思います。

オーガニックってちょっとしんどいと思いはじめた30代半ば

オーガニックとか自然派に「息苦しさ」を感じるようにもなったのが30半ば。

知識として吸収する分には、とても新鮮で、いろいろ試してみたのですが、つきつめようとすると大変。

自分の性格上もあって、長続きはしませんでした。

オーガニックはつまみ食い主義で付き合うことにしました。

オーガニックアイテムは、今でも使いたくなる時期とそうでもない時期が波でやってきます。

環境が変わった40代、知らずに実践した美容法で肌ピカ

30後半で結婚して環境が変わりました。

しばらくは、外に出ることもなくなり、糸が切れた凧のようなかんじになって、引きこもりでした。

結婚前の最後の仕事が人生最大級にストレスフルだったため、体の疲れもどっと出て、何もする気が起きず、ほとんど化粧(メイク)をしない生活になったのです。

メイクもほとんどしなくなったのでクレンジングも基礎化粧品もだんだんサボるようになり、人と会うとき以外は顔も洗わず、化粧水すら使わないときもありました。

「どれ使っても結局いっしょじゃん」

人生で初めて、コスメに興味が持てなくなりました。

3年くらい続きました。

(今思うとお金使わない生活でよかったかも・・)

数年の引きこもりダラダラ生活を経て、でもまあまあ肌調子はよかったです。

適度な張りを持ち、乾燥することもなく、たくましく丈夫になりました。

おそらく、ひきこもっているうちに、知らず知らずに角質を培養していたのかも。

ここでわかったのは・・単に皮一枚ケアしても限度があるということ。

生活を変えると細胞が変わり、肌も変わるんだなと。

化粧品には限度があるんだな・・と思うようになりました。

あとストレスがなければ大抵はなんとかなる。。

「とにかく、ストレスを溜めない生き方したい」と思うようになりました。

調子に乗って紫外線対策を怠ったため・・

再び働き始めるようになり、多少は化粧をするようになったある日、頬にうっすらとシミができて、5〜6ミリ程度ですが、日に日に色が濃くなってきたのです。

シミに悩む

今まで肌になかったサイズと濃さのシミ。

気になってしまうので、皮膚科にいきました。

すると、若いお医者さんがちらっとみて一言。

「あ、老人性色素斑ですね」

老人性色素斑とは日光性黒子ともよばれています。

40代になると増えてくるというのですが、今まで浴びた紫外線の影響が積み重なってくることと、肌の老化が原因だそうです。

年齢もそうですが、数年の間に完全に怠っていたのが、日焼け止め

きつい紫外線

寄る年波とお天道様には勝てないのだなと、ショックでした。

シミ自体は、皮膚科で処方していただいた薬を一ヶ月ほど使うと綺麗にとれてしまいましたが・・もう少しお肌を大切にしようと反省しました。

再びコスメ道へカムバック

よくよく見ると、肌も乾燥していて、やっぱりちゃんと化粧品使わないとダメかもな・・・・と再びコスメの道に。

スキンケア探しの姿勢はこれまでとちょっと変わりました。。

ただ変わったものを試したい、というだけではなく、「なるべくならシミを作らないようにしよう。しっかりケアできるものを選ぼう」という意識が高まりました。

40代後半からの人生を楽しく過ごせるために役立つアイテムを探していきたいと思っています。

 

 

 

更新日:

Copyright© ローズコスメ情報局 , 2018 All Rights Reserved.